私が法律家になる場合、なりたい分野に関して、その立場の責任の重要性も考えていくと本当に悩んでしまう話です。

得意分野ごとに活躍する弁護士の姿
得意分野ごとに活躍する弁護士の姿

一番カッコよく見える法律家

私が法律家になる場合、なりたい分野に関して、その立場の責任の重要性も考えていくと本当に悩んでしまう話です。軽い想像として考えるとき、一番格好よく見えるのが弁護士だと思います。サスペンスのドラマでもトレンディ―ドラマでも、私の分かっている限りだと、検察官や裁判官と比べて主役になる場合が多いように思いますし、弱い立場にいる人を弁護するというのは感情移入しやすい職業です。でも検察官にしても裁判官にしても、一般の国民が平和に暮らしていくためにとても重要な役割をしています。そこまで含めていろいろ考えましたが、私の性格を考えるとやはり、なりたい法律家は弁護士になってしまいます。正義を守るということはとても大事なことで、冤罪などあってはいけないものです。人を見る目も必要ですし、それ以外にもその事件にかかわるたくさんのことが分かっていなければなりません。私は得意の分野が偏っているので、扱う案件が選べなさそうな職業は苦しいと思います。弁護士は完全に自由ではありませんが、それでも自分がある程度分かっている分野を専門にできそうです。正義は大事ということでこのように考えました。
おすすめ

Copyright (C)2017得意分野ごとに活躍する弁護士の姿.All rights reserved.