今の社会は便利で少しの信用と身元がはっきりしていれば、いろいろな手段でお金が借りられる。

得意分野ごとに活躍する弁護士の姿
得意分野ごとに活躍する弁護士の姿

計画性のない借金の末

今の社会は便利で少しの信用と身元がはっきりしていれば、いろいろな手段でお金が借りられる。
カードを作れば、物が買える。
気軽なだけに、何か怖い気もします。
私の近くに、商売の下手なデザイン会社チラシの作成などを手がけている40前に結婚して、同じ奥さんと離婚再婚を繰り返して子供2人を設けている男がいるのですが。
まぁ、頼りないこと。
その男は、気が弱いのか気がいいのか集金ができない。
建て替え建て替えで、周りの同業者からもいいように使われ、溜まった借金がウン百万。
本人いわく、ちゃんと取り立てます。
と言っていたが、たちまち首がまわらなくなり債務整理…そう彼の場合は自己破産です。
私がこの話を聞いたのは、彼のカードの名義が違う名前だった事で、気づいたのですが、債務整理している人間の見分けは極めて難しいですね。
他、個人経営している人が、設備投資などで多額の借金、この不況の影響をまともに受け立ち行かなくなって、民事再生したなど。
若いモンの話を聞くと、カードなどで散々使いまくりわざと自己破産をしている愚かな人もいるとのこと。
債務整理自体、私は思い出す事といえば、こういう計画性のない人たちが増えている世の中が怖いという事です。
実際、連帯保証人になって巻き込まれやむなく債務整理をした人など、私の周りでも起こっています。
おすすめ

Copyright (C)2017得意分野ごとに活躍する弁護士の姿.All rights reserved.